space
このサイトについて
space
まわりで起きたいろいろなこといろいろなことを、よしなしとして綴っております

space
いろいろなこと
space

いままで、ご紹介した一皿
space
「子供にもやさしい日本の発酵食品―いろいろな発酵食品を使って」講演会 2012/11/22
space
space
space

11月21日、横浜市幼稚園協会緑支部父母研修会で、講演をさせていただきました。
会場は、横浜市緑区長津田にある「ながつだ幼稚園ホール」。約100名の若いお母様方が集まってくださいました。
今年の7月、緑区内にある11の幼稚園のうちのひとつ、中山幼稚園の園長先生から、「子育て中の保護者の皆様が一番知りたい『食』と『健康』の話をしてください」という依頼を受けたことがきっかけでした。若いお母さん方に直接お話しできる、願ってもない機会です。喜んでお受けいたしました。
お話ししたいことは山ほどあるので、内容に関しては園長先生と相談して、絞り込みをしたものの、レジメは膨大になってしまいました。
●心に留めておいてほしい3つの言葉、「医食同源」「日々の食卓」「愛して愛して愛しぬく!」
●和食を見直す……主食のご飯、出汁と発酵食品
・朝の「一杯のご飯」だけが脳の栄養?
・糠漬けパワーを見直そう
・大豆は発酵すればパワー倍増
・世界一硬い食品鰹節
・一番出汁
・塩麹よりすごい酒粕
●麹の力……日本の調味料(味噌・醤油・日本酒・酢・みりん)
●寒さに打ち勝つ食事の工夫
●これからの季節にお勧め、超簡単「常夜鍋レシピ」
と、盛りだくさん。
お配りしたレジメの半分話せればよし、捨てずに持ち帰ってもらえればさらによし、何かの折に読んでもらえれば、上出来!と、お伝えしたいことを書きたいだけ書いたレジメにしました。

講演会当日、幼稚園に足を踏み入れたのは何十年ぶりのことでしょうか。広い園庭を楽しそうに駆け回る園児達。着物姿の私をいち早く見つけ、好奇心にあふれた目の笑顔を向け、手を振ってくれる園児。幼児達と先生のほほえましいやりとりがあちらこちらから……。ホールに着くまでの数分だけで、癒してもらえました。
清潔で温かみのあるホールでは、たくさんのお母さんが、それぞれ楽しそうにおしゃべりしています。ごくありふれた町で見かけるお母さんの姿です。
中山幼稚園園長先生が軽妙な語り口で私の紹介をしてくださり、講演はスタート。壇の前に立ち、一人ひとりのお母さんの顔を確認ながらお話を始めました。
私は立っているので、聞いていらっしゃる方の様子がすべてよく見えます。最初はかなり固い感じでしたが、次第にご自分の話として聞いてくださっているのがわかります。
話している間、私の撮りためた四季の梅仕事や漬物、おせちや季節の料理の映像を流し、娘や孫の話も交えながら、レジメのテーマに沿ってお話を進めました。
お母さん方の反応で一番うれしかったのは、「お子さんが生まれて初めて口にする離乳食として、昆布と鰹節でとった一番出汁を与えた」というお母さんが、たくさんいらしたこと。立派なお母さん方ですね!素晴らしいです。こういう若いお母さんがたくさんいることを知っただけで、ここに来た甲斐がありました。

話が終わり、今年のできたての酒粕で作った甘酒、「本物」の調味料、朝出してきた糠漬けをほんの少しずつ味見していただきました。その時、たくさんの質問をいただきましたが、そのうち、いくつかお答えできなかったものを、この場で改めてお答えいたします。
●酒粕や調味料の購入について
試飲の甘酒がとても美味しかったので、使った酒粕を教えてほしいということでした。
甘酒には、青森県弘前市にある三浦酒造の酒粕を使いました。
拙書「極旨!酒粕レシピ」に、美味しい酒粕を扱っている酒屋さんリストを載せてあります。数が少ないので、酒粕があるかどうか確認してから注文をお願いいたします。
美味しい酒粕は美味しいお酒造りの副産物。他の蔵にも美味しい酒粕はたくさんあります。お近くの酒屋さんやデパートのお酒売り場にも、並ぶはずですよ。
●お弁当に入れる小梅の梅干しがうまくできない
基本的には、普通の梅干しと同じ漬け方です。ただ、果肉が小さいので、カリカリ梅にした方が小梅の良さを活かせます。「白加賀」や「南高梅」という品種が初心者でも美味しい梅干しにできるのは、梅干しに向いた果肉が大きく皮が薄い品種だからなんです。追熟させて素晴らしい芳香が出てきた頃が梅干しを漬けるサイン。タイミングを外さないことも大切でね。
適した、よい材料をタイミングよく使うことが成功の秘訣なんです。価格ではありませんよ。お使いになった小梅はおそらくカリカリ梅に適した品種だと思います。試食させていただければ、もっとはっきりしたお答えができるのですが、おそらくその梅で出来る梅干しとしては十分美味しいものだったのではないかと推察いたします。
●梅酒が渋い
夏を越せば飲めますが、梅酒も人間と同じで早く花開くもの、時間がかかるもの、いろいろです。数か月で結論を出さず、1,2年おいてみてください。梅自体は生き物ですから、摘んだ時期やタイミングの違いで、梅酒にしたときの味の出方も微妙な差があります。それが楽しみでもありますね。

●酒粕は、アレルギーに効くか
酒粕には様々な酵素を始め、有用なたくさんの成分が入っていることがわかっています。実際、薬や化粧品などにも実用化されています。ただ、アレルギーに関しては効果があることはわかっているものの、実証されていない状態です。

今回お話しさせていただき、多くのお母さんが一所懸命に家族、お子さんを「愛して、愛して、愛しぬいている!」と感じました。
あの会場にいらしたお母さん達に、私の「愛しぬいてください」という心配は「いらぬ心配」でした。そういうお母さんに愛しぬかれているお子さん達は、本当に幸せですね。
また、こういう機会に恵まれ、直接おかあさん達とお話しできることを、心から楽しみにしています。




|login| © 2006Ymahata Noriko Ai-no-Ryouri.