space
このサイトについて
space
季節の味・器・盛り付け

space
いろいろなこと
space

いままで、ご紹介した一皿
space
器の話 2014/01/05
space
space
space
器の話
器には、一年中使える器(染付の器など)もありますが、
その季節にこそ使いたい器があります。
自然の草花や(桜、もみじ、雪など)
季節の行事(雛祭り、七夕、お月見、お正月など)を描いた器がそうです。
適した時に使ってこそ、その器を作った人の気持ちが生きてきますよね。
こういう器の使い方こそ、「和食」の醍醐味のひとつです。

「夏はいかにも涼しきよう、冬はいかにもあたたかなるよう」の有名な言葉が言い表すように、器の材質にも季節感はあります。夏に厚ぼったい土の器は暑苦しく感じますよね。
ようは、自分がそのときにいいなと感じる器、自然が一番です。




|login| © 2006Ymahata Noriko Ai-no-Ryouri.